• 会員登録
  • ログイン
お支払い方法

以下のお支払い方法から
選択いただけます。

  • 代金引換
  • 銀行振込
  • クレジットカード
納期について

納期について下記ページよりご確認できます。

  • 納期について
営業カレンダー
202205
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
202206
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

※赤字は休業日です

営業時間
月~金曜日 10 : 00~17 : 30
定休日 土・日・祝日
  • サンプル請求
  • FAXでのご注文
お問い合わせ

お問い合わせ

DM発送のコストダウン

オリジナル印刷OPP袋で他社に差をつけましょう!

2017年12月15日 19時00分

ビジネスを展開する上で、他社との差別化を図りたい場合には、オリジナル印刷のOPP袋を活用するのも有効です。OPP素材は、ビニール封筒や梱包用の資材などでよく使われる素材ですが、極めて光沢があるために中身が美しく見えるという特徴があります。内容物が透けて見えますので、紙媒体はもちろん、衣類や日用品など幅広いシーンで使用されています。

OPPには印刷が可能なので、企業名やロゴなども印刷できます。独自のデザインを入れたOPP袋を作れば、自社をアピールするツールとしても最適です。例えば、チケットやクーポン券を同封したい場合などのように、「中身を確認してもらいたい」といった際には、DMを透明なOPP袋で送付するという選択肢があります。

外から見た時に、DMに入っている中身に興味を抱いてもらうことができると、それだけでも開封率がアップするはずです。先程触れたように、OPP袋には光沢があるため、同封されている中身をより魅力的に見せるという効果があります。なお、利用する際は個人情報が外側から見えてしまわないように、何を隠すかという点を考慮してデザインすることをお勧めします。

OPP袋を取り扱っている業者は数多くありますが、郵送DM専用OPP袋なら厚手なので安心です。3つ折りにしたA4の用紙が入るサイズで、定形郵便専用となっています。別納タイプなら、別納スタンプが印字されていますのでDMの発送も楽に行えます。表面が全面白で印刷されており、ボールペンで宛名記入が可能です。また、料金後納タイプを利用するには事前に郵便局との間に契約を結ぶ必要がありますが、後納スタンプが印刷されますので、別納タイプと同様に発送作業が楽になります。

OPP袋は安価で作成することができ、紙封筒と比べて3分の1ほどの単価で購入が可能です。長3サイズ、B5サイズ、A4サイズなど、サイズ展開も豊富になっていますので、最適なサイズでの梱包封入ができます。このように、OPP袋はメリットが非常に多く、多彩な印刷加工が可能なため、市場にも数多く出回っているフィルムです。ご希望の方にはサンプルも無料で確認できますので、安心して注文することが可能です。

カテゴリ: 未分類

> 一覧へ戻る

カテゴリ一覧